株式会社サンワードメディアの『LINE広告&公式アカウント運用』について

LINE OPERATION

LINE広告&公式アカウント運用

クライアントのLINEアカウント運用を成功へ

LINE 公式アカウントの運用を、「LINE Account Connect Sales Partner」に認定、表彰された当社がLINE社公式パートナーとしてゼロからサポートいたします。定期的な配信のクリエイティブをはじめ、各種スタンプやハイシーズンにおける追加配信などを適切にプランニングして、クライアントのLINEアカウント運用を成功に導きます

2019年「LINE Account Connect Sales Partner」に認定、表彰されました

LINE Account Connect Sales Partner

LINE Account Connect Sales Partner当社はLINE株式会社(東京都新宿区)が提供する各種法人向サービスの販売・開発のパートナーを認定する「LINE Biz-Solutions Partner Program」の「LINE Account Connect Sales Partner」部門において「Bronze」に認定・表彰されました。

CASE STUDY

事例紹介

ABOUT

LINE公式アカウント運用、LINE広告について

私たち現代人の連絡ツールとして、LINEは一定の地位を築いています。いつでも簡単にメッセージを送信できるだけでなく、友人と思い出の写真を共有したり、気になるお店のホームページのリンクを共有したりと、その使い方はさまざまです。

こうしたLINEの高い利便性はプライベートだけでなく、ビジネスにも活かすことができます。代表的なのは企業やブランドの公式アカウントの運用。ユーザーとつながり直接サービスの案内やキャンペーンの告知を行うなど定番な手法だけではなく、One to Oneコミュニケーションのチャネルとしても幅広く活用されています。
また、LINEのメインユーザーであるスマートフォンユーザーに対し、優れたユーザビリティで広告を届けることができる「Talk Head View(トークヘッドビュー)」をはじめ、ユーザーに無料で使ってもらいながら認知度向上を図る「LINEスポンサードスタンプ」、「ダイレクトスタンプ」など、多種多様なプロモーションメニューが用意されています。

LINEを使ったプロモーションは、従来の紙媒体やインターネットメディアに広告を出稿するプロモーションよりも、企業とユーザー(消費者)という壁を感じさせない点が特徴といえるでしょう。

Merit

LINE公式アカウント運用、LINE広告運用のメリット

LINE公式アカウント運用、LINE広告運用するメリットは、主に以下の3つです。

Merit1

ユーザーと近い距離でプロモーション

LINE広告や公式アカウントなどのLINEを使ったプロモーションのメリットは、ユーザーと近い距離でプロモーションを行える点にあります。現代の私たちの生活において「LINEをチェックする」という行為はあまりにも自然です。むしろ「すきま時間などにチェックしない」、「未読の通知を残したままにする」方が不自然かもしれません。

Merit2

押し付けがましさも軽減

このようにLINEを使ったプロモーションは、人々の意識・生活のなかに溶け込んでいます。広告独特の野暮ったさや押し付けがましさも軽減させられます。また、スマートフォン用に最適化された優れたビジュアルの広告(バナー・商品画像)を配信できれば、利用者の『暇つぶし』の代わりに広告をみてもらったり、貼られたリンクから詳細をチェックしてもらったりといったことも期待できます。

Merit3

認知度向上とファン化

LINEの公式アカウントには様々な活用方法があり、例えば企業のマスコットキャラクターを用いるケースなどがあります。運用には工夫が必要ですが、キャラクターをしっかりとブランディングすることができれば、そこから企業やサービスの認知度向上やファン化を期待することができる有効な手法といえるでしょう。

デメリットはあるか?

LINEを使ったプロモーションにおけるデメリットは、距離感を見誤るとあっという間に「面倒くさい企業アカウント認定」をされてしまうことです。

ユーザーが企業アカウントをLINE内の友だちに追加する理由は主に2つあります。1つ目は「その企業(ブランドやお店)のファンだから」、2つ目は「LINEスタンプやLINEポイントなどのベネフィットをもらうために友だち追加をする必要があったから」です。前者の理由であればユーザー自身が元々興味のあった企業・サービスですから、むしろよくチェックしてもらえるでしょう。しかし、後者の場合はそもそもあまり興味がなかった場合も多いため、何度もしつこく宣伝のためのメッセージを送ったり内容が乏しかったりすると、ブロックされることも十分ありえます。

こういったことが起こらないよう、配信する内容や頻度はこまめな分析とプランニングをして調整する必要があります

LINE公式アカウント運用、LINE広告運用の将来性

今後もLINEを活用したプロモーションには、一定の効果を期待することができます。2011年のLINE誕生以来、連絡ツールはほかにもたくさん登場していますがLINEの牙城を崩すことはできていません。国内の月間アクティブユーザー数は8000万人を超えるともいわれています。

一度LINEを使い始めたユーザーからすれば、連絡先情報をほかに移す大きな理由は今のところありません。連絡先情報はすでにLINEにおさめられていますし、自分がLINE以外で連絡をとるにはその相手にも別のツールを使ってもらう必要があります。そうした面倒なことはおそらく大多数のユーザーがしたがらないでしょう。
このような背景からもLINEを使ったプロモーションは、今後も一定の地位をキープすると考えられます。

SERVICE

サービス

想いが伝わる

つながるコミュニケーションの創造
それが、私たちの仕事です。

CONTACT

コンテンツ制作やメディアに関する
ご意見・ご感想など、
お気軽にお問い合わせください。